ジャーマンアイリス と シラー カンパニュラータ、誕生会

週末は3月に逆戻りしたかと思うほど肌寒い日で、昨日はエアコンのお世話にもなってしまいました。今日も厚めの上着を1枚プラスしてちょうどいいくらい。
e0102713_10333351.jpg
さて、去年チビ苗で購入したジャーマンアイリスの花が咲きました。2株買ったんだけど、咲いたのはこの1株だけ。お恥ずかしながら、プランツタグを無くしてしまったので咲くまでどんな花色か忘れていました。(パープル系とだけは覚えていましたが)
e0102713_10334742.jpg
白×紫のバイカラー プリカータ。ジャーマンアイリスってとっても綺麗ですね。色も豊富だから集めたくなってしまいそうですが、大株になるからまずは場所を確保しないといけませんね。
実はこの写真を撮った翌日、風で長い花茎が途中で折れてしまったんです。今はカットして花瓶に挿して室内で楽しんでいます。

<追記>ジャーマンアイリスの花色の表現について
上弁と下弁の色が異なる花色を“バイカラー”、↑の写真のような覆輪タイプの花色のものを“プリカータ”というそうです。
他にも上弁が白、下弁が別色のものを“アモエナ”、上弁と下弁が同系色で下弁が濃い色のものは“バイトーン”、などなど。調べてみてビックリしました。花色や模様によって様々な呼び方に分類されているようです。ジャーマンアイリスって奥が深い!!fire-girlさんが教えてくださいました。感謝です。どうもありがとうございました!
e0102713_10342347.jpg
秋の終わりに球根を植えたシラー カンパニュラータ。鉢をオリーブの株元(日陰)に置いていたので、こんなに背が高くなってしまいました。同じ球根を西側のサブガーデンにも地植えしておいたんですが、これより10cmほど短く、逆に茎は少し太く咲いているんですよ。日当たりの影響ってすごいですね。
e0102713_10343896.jpg
別名釣鐘水仙とも言うようにベル形の花。薄紫の花に青いラインが入っていて爽やか。植えっぱなしOKらしいので、どこか場所を探して地植えにしようと思ってます。
e0102713_10351671.jpg
何度も登場しているヒューケラ シルバースクロールです。葉っぱが立ち上がってきて、ますますカッコイイひと鉢になっています。ヒューケラはすべて地植えにしていたんですが、葉色が面白いものはこんな風に鉢で育てるのもいいかもしれませんね。
e0102713_10353763.jpg
数日前に撮ったものですが、西洋ニンジンボクの株元にいくつかの花が咲いていました。名称不明のゲラニウムと斑入りスズランの花、右に少しボケて写っているのは赤葉クローバーの花です。
春になると庭のいたるところで変化があり、毎日新しい発見があります。楽しい季節です。

------------------------------------------------

さてさて。日曜日、息子の4歳の誕生会を行いました。ガーデニングネタではありませんが、覚え書きも兼ねてまたその様子をご紹介させてください。
e0102713_10361090.jpg
夫の両親、義姉、義兄とその家族、そして私たちのいつもの地元組10人での誕生会となりました。
当日の料理は、左の写真から順番に、ゆで卵の牛肉巻き、きんぴらゴボウ、玉子焼き、ポテトチーズボール、カボチャの煮物、マカロニサラダ(義母の差し入れ)、ハンバーグ(同)、揚げ茄子の中華和え、大根と大葉のサラダ、煮豆(同)、まぐろのづけ丼、焼き鳥、筑前煮。そして食後にケーキとフルーツ。
今回は新たな試みとして夫がウッドデッキにてプチバーベキューを実行。串に刺しておいた鶏肉とネギ、そして椎茸、玉ねぎなどを焼いていました。
新築のお祝いに頂いていたバーベキューコンロが6年目にしてやっと日の目をみました。アウトドアとは縁遠かった私たちですが、夫は今回で少し自信をつけたようなので、また近いうちにバーベキューすることになりそうです(笑)

にほんブログ村 花ブログへ
[PR]

by momogreen514 | 2008-05-12 16:25 | green

<< ゲラニウム シュークラッグ、西... クレマチス 白王冠、ショッキン... >>