水没後の多肉たち、いろいろな花芽

e0102713_14542561.jpg
昨年末に水没事件に遭わせてしまった多肉のその後をお知らせします。
私の不注意で1日半、そして約半日、合計2度も(!)冠水させてしまったのですが、この通りなんとか無事に過ごしているようです。冬は雨が少ないからつい油断してしまっていたのが私の反省するところ。多肉にとっては殺人行為に近いですものね。
その反省を活かし、今は玄関ポーチのスツールに乗せています。ここは雨にあたることもないし、霜よけにもなるので。このままここで冬越しさせるつもりでいます。今年は暖冬のようなのでおそらく大丈夫だとは思うのですが・・
e0102713_14544630.jpg
そして!嬉しい発見が!!
オリーブがある花壇に植えていたクリスマスローズに花芽が出てきていました。もう少し大きくなってから撮ればよかったんですが、待ちきれなくて。見にくい写真でごめんなさい。でもおそらく黒っぽい花色のようです。(少し首を起こして覗いてみました)
チビ苗を植えつけて今年が3度目の冬。地植えにすると開花が遅れるという話を聞いていたので今年も諦めていたのですが・・。やっと花を見られそうです。クリスマスローズにはひとかたならぬ愛情を感じているので、今から開花が待ち遠しくてなりません。
e0102713_14545970.jpg
花芽つながりでもうひとつ。これは夏越しさせたプリムラジュリアン。これもとても小さいけれど、中央に花芽らしきものが出てきました。無事咲くのかしら?
葉っぱを食べた犯人はナメクジ?憎いヤツで、パンジーの花びらなんかもよく食べられています(泣)
e0102713_14551773.jpg
そして種蒔きパンジーにもようやく蕾がつきました。本来まだ暑い時期に蒔くものを、10月下旬に種をまいたので、生長も遅い遅い。今後の教訓になりました。やっぱり適宜って大事かも。
[PR]

by momogreen514 | 2007-01-23 06:46 | green

<< 冬の花壇、新入りのクリスマスローズ 久々のお買い物 >>