ヒューケラ ‘ボジョレー’ ‘ピノグリ’ そしてチゴユリ(稚児百合)

昨日はfire-girlさんと一緒に苗屋さんに行き、その後お家にお邪魔させてもらってきました。
定期的にお互いの家を行き来していますが、年末年始や春休み諸々でなかなか予定が合わず、お家に遊びに行くのは久しぶり。
久々にお庭を見せてもらいましたが、すっかり“知った庭”じゃなくなっていて(fire-girlさん夫妻のガンバリの賜物です)、小雨が降るのも構わずあれやこれやとお話してしまいました(笑)
うちでは元気なものもfire-girlさんちではイマイチ。もちろんその逆パターンも。同じ市内に住んでいても、植えている環境によって生育状況って全然違うんだねって話もしました。本当にそうですねぇ。
e0102713_18425137.jpg
さて。うちのシェードガーデンには欠かせないのがヒューケラです^^ いえ、シェードガーデンじゃなくっても、このカラーリーフは大活躍しています。
冬の間はまったく動きがなかったけど、春になって新葉がモリモリ。
これは‘ボジョレー’です。これは葉っぱが大きめタイプみたい。ボジョレーの名のごとく、ワイン色とのことですが、私の想像だともっと紫が強いのかと思ってました^^; (ハルディンHP→
e0102713_1843718.jpg
ボジョレーから少し右にいったところには‘ピノグリ’。ボジョレーよりも葉っぱは小さいです。
ボジョレーもピノグリも冬の間はどっちがどっちか区別つきにくい程似ていたんだけど、春の新葉はまったく違いました。またまたハルディンのHP()では明るいオレンジレッド、とあるけど、うちのはもっと白っ茶けている感じ。これはこれで好みなのでいいですけれど^^;
ヒューケラは日照などいろいろな環境によって葉色が変わると聞きますが、本当ですね(~_~メ)

e0102713_18432390.jpg
↑のヒューケラと同じ、ウッドデッキ脇に根付いているのが、チゴユリ(稚児百合)。
石川に住む、祖母宅から嫁にきた植物です。渋いでしょ?(笑)
e0102713_18433443.jpg
白花沈丁花の株占めにしています。冬季は地上部は姿を消しますが、春になって新芽を出し、今の時期に白い小さな花を咲かせます。でもあまりに小さく且つ地味なのでうっかりしていると見逃してしまうことが多い^^;
花後はこの緑だけが残るので、小葉ギボウシのような感覚ですね。
軒にかかる場所で雨もあまり当たらず乾燥している場所だけど、手間いらずで少しずつ増えてきてます。e0102713_1847257.jpg

←上手くアップ写真が撮れず、小さい画像ですが・・・
チゴユリのお花はこんなです~^^ 
うつむいて咲くので持ち上げないと顔が見られません。


にほんブログ村 花ブログへ
[PR]

by momogreen514 | 2010-04-21 06:24 | green

<< 斑入りエリシマム ティアレラ と こぼれ種で咲い... >>