ルドベキア チェリーブランデーの寄せ植え

相変わらず朝晩雨が降っている毎日です。
おととい、剪定ハサミを握りしめ、カット魔に変貌しましたヨ。西洋ニンジンボク、スモークツリー、カンナの花後の花茎、アメリカロウバイ、間延びした宿根草たち・・・etc.
西洋ニンジンボクに至っては先月中旬にかなり大胆に剪定したはずなのに、気づいたらまた新たな新葉で向こう側が見えないほど茂っていたので再度強剪定。今シーズン4回目の剪定です。大きくなる木だからうちみたいに小さく仕立てられるのは可哀想なのかもね。(でも西洋ニンジンボクはいくら剪定されてもモノともしない強健さです。)
e0102713_6435419.jpg
さて。いろいろなブロガーさんのところで拝見することの多いルドベキア チェリーブランデーですが、私も漏れなく購入していました*^^*
私は蕾が上がる前の苗で買ってきたのでいつ咲くかいつ咲くか・・とドキドキしていたんです。
プランツタグにはこんな花色がプリントされていたので期待に胸を膨らませていたのです・・↓
e0102713_76913.jpg
Flower&Green GARDEN さかもと さんより画像をお借りしました。)
が、実際はかなり色幅があるらしく。
e0102713_6435912.jpg
・・・我が家で咲いたチェリーブランデーはこんな花色でした~(:_;)
これじゃ“チェリーブランデー”って感じじゃありませんねぇ。オレンジブラウンのルドベキアです(笑)
あぁあ、残念。
チェリーブランデーにおいては開花株で花色を確認してから購入した方がよさそうですね^^;
e0102713_644410.jpg
門柱前にいくつか鉢を置いて『寄せ鉢』にしています。
ルドベキアの寄せ植えには他にアルテナンテラ ピンクスプラッシュ、アイビー 白い恋人たち、そして隠れてしまってるけど斑入りのニューサイランが入ってます。

奥の葉っぱオンリーになっちゃった寄せ植えは、斑入りのヘーベ(花後)、斑入りニューサイラン、名無しアイビー、夏になって緑葉になったストロビランテス アニソフィルス、紫色の葉が綺麗なストロビランテス ディエリアナ。
緑葉のストロビランテスと紫葉って、一緒のストロビランテスなんだぁ(◎o◎)!
今更気がつきました、私(笑) 同じキツネノマゴ科だけど、紫葉のディエリアナは耐寒性はありません。アニソフィルスは冬季葉っぱがだいぶ落ちてしまうけど、屋外で越冬しています^^
e0102713_6441524.jpg
アンブリッジローズが返り咲きしてます。3度目の開花♪ お花は小さめです。


にほんブログ村 花ブログへ
[PR]

by momogreen514 | 2009-08-11 09:43 | green

<< 前言撤回。チェリーブランデーっ... クレマチス 篭口、初開花~☆ >>